こんにちは!
名古屋市の三和水工株式会社です。
弊社では、愛知県の各地でガス工事やガス配管の管工事、ガス栓の増設などの施工を承っております。
このコラムコーナーでは弊社の仕事について知ってもらうきっかけになるいろいろな情報を発信しております。

ガスは身近なものですが、その工事内容は意外に知られていませんよね。
そこで今回は、ガス管工事ってな~に?についてご紹介します。

ガス管工事とは


ガスにまつわる工事にもいろいろあります。
ガス器具を設置する工事もあれば、施設内でガスを使用するために必要な工事もあります。
前者はガス工事、後者はガス管工事と呼ばれることが多いようです。

またガスといっても、都市ガスとプロパンガスでは工事内容が変わります。
都市ガスの場合、地中に埋没された管によってガスが供給されますし、プロパンガスはみなさんもご存知のようにボンベを設置して、そのボンベからガスが供給されます。
都市ガス、プロパンガスのいずれであっても、配管ルートや換気設備などのご説明はきちんとしてから施工しますのでご安心ください。

最近のガス管事情

土中埋没管とは、地中に埋まっているガス管のこと。
こう聞いて多くの方が地震のような災害のときに受ける影響や寿命について心配されるのではないでしょうか?

確かに、昔の白ガス管の寿命は二十年程度、それを超えると腐食を起こすという問題点がありました。
しかし、現代のガス管はPE(ポリエチレン)という材料を使用しており、腐食の心配はありません。

また、地震にも強さを示したエピソードの1つとして、釧路沖地震や阪神・淡路大震災などの大きな震災のときにも被害が皆無であったという例が挙げられます。

もちろんごくまれに古いガス管を使用しているケースもありますので、そのような現場に駆けつけてこうした最新のガス管に交換するのも私たちの大切な仕事です。

ガス管工事の進歩

前述のPE(ポリエチレン)管のように、ガス管工事は歴史とともに進歩してきました。

例えば、PE(ポリエチレン)管は、大阪ガス(株)や東京ガス(株)といった大手ガス会社2社が中心となり、いろいろな管・継手メーカー、工具メーカーも協力して開発されたという経緯があります。

私たちの生活に不可欠なインフラ設備といろいろな建物をつなぐ“ガス管”という存在を安全に保ちつづけるため、専門業者は今日も努力を続けています。

ガス工事のお困りごとは三和水工へ!


弊社ではガス工事に関連するいろいろなお困りごとにご対応しております。

「ガス栓を増設したいけどどんな業者を選ぶべき?」
「なんだかガス管が臭って危ない気がする」
「古くなったガス管のケアを教えて!」

などのお悩みはぜひ弊社にご相談ください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております。
ここまでご覧いただきありがとうございました。